ようこそ!

音楽を演奏するという直接的な経験に匹敵するものはありません。 音楽教育を普及させ、音楽を勉強して演奏する人を増やすことがミュージカルビームプロジェクトの目的です。
(M° Mazzola)


M° Emanuele Mazzola

OperEnsemble12プロジェクトは、オーケストラ、聖歌隊、出演者を減らして、予算が少なくても、狭いスペースでもオペラを可能にすることを目的としています。 Open12 EditionsOpen7 Editionsは、2人から22人のプレイヤーからなる、さまざまなアンサンブルのために特別に再編成されたスコアとパートを提供します。


OperEnsemble 12は、オペラ、オラトリオ、大衆などのフルオーケストラを含むヴォーカルレパートリーに焦点を当てており、これらのレパートリーは中小企業が演奏するときに効果的です。 どうやって? 80人のプレーヤーによる大規模なオーケストラから12人の楽器による縮小されたオーケストラおよび7人のプレーヤーによる小さなアンサンブルまで、スコアの効果的な縮小を作成して、少ない人数のプレーヤーで可能な限り最高のオーケストラサウンドを実現します。 スタンダード12オーケストラは、4つのオーケストラセクションで構成されています。5つの弦、4つの木管楽器、2つの金管楽器、1人のパーカッション奏者がいます。 貴社の標準7アンサンブルは4つの弦、3つの木管楽器と指揮者のためのピアノの部分で作られています。 ボーカルパートとコーラルパートも可能であれば、検証されてマージされ、縮小キャスト(ミニマルキャスト)、または完全な合唱なしでもパフォーマンスが可能になります。


M° Emanuele Mazzola

だからこそ貴社はOpen12 EditionsとOpen7 Editionsを作成しました。 合唱の有無にかかわらず、追加のパート(ハープまたはコンティニュー)、またはより少ない楽器を使って、ミニマルキャストでオペラを演奏する方法を示しています。


各書籍には、Open12 Codeが含まれています。これにより、インストゥルメントスイッチ(Bフラットスタンダードの代わりにAクラリネットパート、または異なる黄銅のセット)などの無料サービスの一覧が表示されます。


Blog at WordPress.com.

Up ↑

%d bloggers like this: